託された手紙 ①

4月10日の お昼頃 

朝 ココが 受診した動物病院から
電話がありました

手紙を預かったが そちらに送付してもいいか?
というものでした

病院まで持って来られたんだそうです
その方が差し出し人か

どなたか から 託されたものかは
(私には)わかりませんが

奈良という地名も チラと言っておられたとか、、、?
「どうぞ 送って下さい」とお願いしました

ブログにコメント欄を持たない私
そんな私に連絡する術は無いのですが

その方はブログに載せた写真から
動物病院をさがし 手紙を託されたのでしょう

そこまでして 届けたいというお気持ちに
心揺さぶられました

後で気が付いたのですが
「こちらから 取りにゆきます」と言えばよかったのです

で、午後の診察時間が始まる夕方
病院まで行きましたが 

手紙はもうすでに投函してくださってました
先生にお礼をいいますと 

「封筒には切手も貼ってあり
宛名が 無く 開封されたまま託された

内容も読ませてもらったが 
あなたのブログの読者のようでした」、、と

そして その手紙が私の元に届いたのは
4月11日の午後でした
画像