2012車泊旅 東北の桜と下北半島 16 尻屋崎

(4月28日ー5月8日の旅)

6日目(5月3日 木曜) その1

道の駅「よこはま」の朝
画像

画像

昨夜は風が強く 時々車が揺れた
朝 7時のニュースでは 
下北は東の風強く、のち雨 
予想最高気温は14℃ 最低は11℃、、だそうです

道の駅で 地元のお母さん手作りの
ほたてコロッケとべこ餅を買う

9:30 道の駅 発 気温14℃
     
     マサカリ半島の柄の部分を
     横切る形の半島横断ルート 
     R7を行く
画像


R7→R338→R248→(R172)→R6で
尻屋崎に向う

9:50 霧 雪の残る道
画像


10:20  R6は津軽海峡に面した海通り 
画像


画像


画像


10:30 えっ こんな所に思いがけない 工場群
      海への積み出しパイプが通る
      三菱マテリアルとか日鉄鉱業の文字がみえる
      石灰岩のプラントのようです
画像
 

10:35 尻屋崎着 
      (道の駅よこはまから 56K 所要 約1時間 )
      一帯は広大な牧草地
      風がきつく 耳が痛いほど寒い 11℃
画像
 

下北半島の北東端
岬の北側は津軽海峡
画像


東側は太平洋
画像


今日も激しい波が打ち寄せているが
昔から 海の難所として恐れられていたんだそうです 
画像


東北で初めて建った(明治9年)洋式灯台の
尻屋崎灯台
画像


寒立馬の放牧場でもあるようです
姿はみえないけど 糞はあちこちにありました
画像


11:00 下北交通の定期バスが出てゆく
      本州最涯地 には食堂が1軒
画像


なんしか 風がきつすぎる 寒すぎる
私達も出発 岬周遊ルートを通る
画像


画像


画像


画像


岬を回って村内に入ると 寒立馬がいました 
画像


牧場に入れてあるようです
おとなしそうな馬
画像


粗食や寒さに強い 農用馬だったが
現在は保護されて30頭ほどがいるらしい
寒さや風雪に耐える姿から 寒立馬といわれる
画像


ずんぐり がっちりした体形です
画像


画像



この後は 本州最北端の大間へ向います


   17に続く