2007車泊旅 三陸からみちのく その19(毛越寺から 睨鼻渓)

10月15日~31日(16泊17日)の旅

15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 
26 27 28 29 30 31

12日目(10月26日 金曜日)
昨夜の車泊は岩手県一関市「道の駅 厳美渓」でした

8:45 道の駅 発 気温16℃
画像
天気は下り坂のようです

9:00(8K) 毛越寺 着
        駐車場に入れる 300円
画像
平安時代後期 
奥州藤原氏は4代 100年にわたってこの地を治めた
初代の清衡は中尊寺を
2代目の基衡がこの
毛越寺
を建立したそうですが
 
毛越寺の堂塔 伽藍はすべてなく 
礎石と庭を 残すのみ  (拝観券 500円)
画像

ここを訪れるのは 2回目になりますが

平安時代の作庭様式、、といわれる庭には
なんとも言えない 魅力があります

京都の大寺院の庭にはない 大らかさや
幽玄は日本でも唯一のものだと思います

残念ながら お天気が悪く いい写真はありませんが
それでも 借景を取り込みながら作られた庭は美しい
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


毛越寺を出て 隣にある旧観自在王院庭園へ
ここも何にもない 庭園跡ですが 2代基衡の妻が建てた 大、小の阿弥陀堂があったそうです
画像

庭園にあった カリン、、を匂ってます
画像


 
   2011年6月26日 此の毛越寺も含む平泉
               世界文化遺産に
               登録されたようです


11:00  毛越寺駐車場 発

11:30(26K) 睨鼻渓(げいびけい)着

         厳美渓(げんびけい)と紛らわしい読みかたやな

          一関でも 西の方にあるのが厳美渓
                北上川を越えて北東にあるのが睨鼻渓          
                    
          近くのコンビニで弁当とお茶を買って
          車内で昼食

          砂鉄川沿いの渓谷(睨鼻渓)の
          遊覧舟下りに乗る  乗船代 1500円
画像

雨が降り出しています 
全長2キロの渓谷です

画像

画像
 
川底は浅く たくさんの魚影が見えます
画像

画像

渓谷には高さ50mの石灰岩の岸壁も、、、
画像
雨が激しくなってきました
下船しての見学は早々に切り上げました
画像
画像

画像

14;00 舟を降りてR19を 一関ICへ 
画像


画像
 
14:30(45K) 東北自動車道 一関ICに入る
          このまま南下 福島まで、、、

15:15(113K) 鶴巣PA(一関から68K) 
           ガソリン給油 @145×32=4750円

16:40(211K) 吾妻PA(一関から165K)
           雨も降っているので 安全を考え
           ここで車泊とする

17:00      PA内の食堂で夕食
画像
会津ラーメン 650円 ご飯小100円


12日目(10月26日)は
東北自動車道(福島県)下り吾妻PAで車泊


    三陸からみちのく その20 に続く