車泊旅 再びの北海道2004年 3 猿払から中湧別

7月5日(6日目)

稚内森林公園キャンプ場 発

宗谷岬 着 10:00
画像
風がきついです

画像
気温14℃

早々に出発します

画像
道の駅「さるふつ公園」
画像
猿払パーキングシェルター
激しい吹雪などからドライバーを守る為のもので

中には駐車場 トイレ 公衆電話などが設置されています

イザという時にはたすかるだろうなあ、、

あたり一面 遮る物のなにひとつない原野が続くもの、、、

画像
猿払村へ行ってみます
画像
宅急便の取次店が1軒

画像
熊出没の看板

早々に引き返します

画像
クッチャロ湖畔キャンプ場 
着 13:00

今日はここで車泊 利用料 1人200円 

浜頓別温泉「ウイング」もあります

お昼はウイング内の食堂で、、、うにカツ定食を、、(1000円)

うにの味があまりしなくて 期待はずれでした

クッチャロ湖を見渡せる 丘があるとか、、、

行ってみます

クローバーの丘 垂れこめた雲の下では、、、もうひとつでした

18:30 温泉にはいります 500円

さて 夕食を、、と行った食堂は19:00で終了

やむなく 近くの国民宿舎の食堂に飛び込みました

注文は 餃子 ビール 野菜ラーメン チャーシューメン

待たされましたねえ、、、小1時間 

客は私達だけ、、、やのに、、

注文する取り合わせが 悪かったのかしら、、、

疑問が残ります

20:30 夜の浜頓別の街をドライブ

さびしいですねえ

雨が激しくなってきました 

雨の音を聞きながら車泊

7月6日(7日目)

9:45 クチャロ湖畔キャンプ場 発 枝幸,雄武 を経て

12:30 紋別 着

画像
紋別港
観光港として整備されたんですね

画像
ガリンコ号

オホーツクの海を埋め尽くす流氷を砕きながら進む船

寒さに弱い私には真冬の海は無理でしょうね

紋別駅の跡地には「氷紋の駅」という観光名所が出来てました

以前の面影はどこにもありません

15:00 紋別 発 雨があがり気温も20℃に、、、

画像

中湧別の五鹿山公園キャンプ場 着

オートキャンプサイト 2000円

携帯の充電の為 電源のあるサイトに

(シガーライターからの充電器もってなかったんですね このときは)

近くにある かみゆうべつ温泉「チューリップの湯」500円、、に

入ってから夕食

Aコープで買った食材で鍋とほたてのお造り
画像

画像


キャンプ場内には
画像

昔の車両がとめてあって

たった1組の私達の為に

夜遅くまで 車内の灯りを点けておいてくれました

雨は続いています