半径10メートル日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 子猫 再びの転落は、、、なんでか 1

<<   作成日時 : 2014/06/21 00:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

6月11日(水曜)午後

向かいの奥さんが 訪ねて来て言うには

 「ウチの裏の植木鉢に親猫が子猫を連れて来ている
 近寄ると親猫が 吹いて唸り声を出して怖い
 追い払いたいけど 、、、どうしょう」、、、と いうものでした

親猫はココのお母さん猫
心配してたけど、、、やっぱり 子猫を生んでいた

餌を貰えるところが多いので
やはり この辺で子育てするつもりらしい

このところ カラスの啼き声がひどいのは
多分この 子猫を狙っている、、、からかもしれない

「そうやねえ この親は賢いので 危ないと感じたら
何処かへ 連れてゆくと思うけど」、、、と 私

子猫を守っている親は 健気で
私はとても 手出し出来ない


そして この日の午後11時まえ 

「オイ 又 えらい事になっとるぞ!」
と 外へ戸締りに出ていたじいさんがいう

子猫の啼き声が 排水溝からするらしい
私も急いで外に出た 

この前 ココが落ちた 同じ排水管の中ではないか
雨水枡の穴から管の中を覗くと

「うーううっつ フウッツ!」と威嚇する声
姿は見えないけど 親猫もいる

と、、いうことは 親猫が一時避難の場所として
この排水管に子猫をくわえて持ち込んだとしか思えない

そして管の奥へと 子猫が歩いていってしまって 
ココが落ちたように 排水溝まで落ちてしまった

ココが落ちた時の状況をあれこれ想像していたが
人間の想像なんて ほんま、、、しれてる

可哀想に親猫は排水管の構造が
危険だとはわからない

だから 再び同じ事を繰りかえしたのじゃ
ないかしら

そこが 賢くても 動物の限界なんだろう
と、、あれや これや考えた

今夜は遅い 救出は明日の事にする
子猫の鳴き声は 一晩中 響いていた


6月12日(木曜)

朝9時 近くのスーパーから 2リットルのペットボトルを
5本程拾ってきた

救出ボトルの製作に取り掛かる

以前の救出に使ったのも 捨てないで残してある

それを 参考に 作る
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

子猫 再びの転落は、、、なんでか 1 半径10メートル日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる