2015車泊旅 春の北関東 ⑭ 5日目 その1 双葉町国道6号

7泊8日 車泊旅 5日目

ココまで 1日目 吹田発ー新東名ー川崎ー首都高ー東北道(蓮田SA)
      2日目 栃木市内ー栃木県芳賀郡 道の駅はが
      3日目 益子ー袋田の滝ー高萩ー常磐道(中郷SA)
      4日目 五浦海岸ー小名浜ー(常磐道)相馬ー松川浦ー道の駅そうま

4月26日(日)の予定

      * 相馬から「西に走り 福島市の 花見山を見る」
        つもり、、だったが 変更した

      * きのう 走って来た常磐自動車道を引き返す
        途中 浪江ICで降り

         去年(2014,09)3年半ぶりに通行解除されたという
         
         帰宅困難地域を南北に貫く
         福島県富岡町と双葉町の国道6号(約14K)を
         
         通ってみようとなった
         ただし車を途中で停めて 車外に出る事は禁止 
        
         この時には通行を許可してるんだから
         まあ 安全だろう、、と軽く考えていましたが

         実はそうでも ない、、、と
         帰って来てからわかりました 
         
         「一体どの位の線量の中を通って来たのか?」
         その6号線沿いの放射線量をモニタリングマップで
         辿って見ると

         一番高かったのが
         
         第一原発 南南西3,7Kの大熊町大字熊川で 
         空間線量は16.7 マイクロシ-ベルトもあり

         解除区間の平均は3,8 マイクロシーベルトだそうですが 
         飛びぬけて高いこの数値に ギョツとしました
       

      *   その後 常磐自動車道の広野ICに入る

      *   常磐道ー磐越道(小野IC)ー白河ー 那須高原に向かう


26日 0:40 道の駅 相馬
         車泊車は10台前後 夜中は9℃に冷え込んだ
画像


6:40 車内で朝食
画像


    相馬で 給油 @135×34=4625円
画像

8:00 常磐道 相馬IC 入る
画像

 
常磐道を いわき方面へ 浪江ICまで
画像

8:18 放射線量 南相馬~広野 0,2~5,5 マイクロシーベルト
画像

画像


8:33 浪江IC 出口
画像
 

     高速料金 割引 普通720円 (相馬ー浪江)
画像


8:36 浪江市街 R114 → R6
画像

     右前方には送迎用のバスでしょうか
     ずらっと並んでいて

     「入口 加倉スクリーニング場」の看板
画像


     道路はバリケード
画像
 
     横道にも バリケード
画像
 

     家の前にも バリケード
画像

     外壁が落ちた 店舗
画像

8:40 R254を進むと 請戸港
画像

8:41 立て看板が出てきました
画像
 
    「 この先 双葉町 帰宅困難区域
    (高線量区間を含む) 
               原子力災害対策本部
画像

8:41 道路がガードレールで分断され 通行止めに
画像


8:42 デイスカウント カーショップ
     コンクリの割れ目から 草が生えている
画像

8:43 高瀬スクリーニング場への矢じるし

     注意 自動二輪車 原動機付き自転車 軽車両
         歩行者は 通行できません

     この先 帰宅困難区域 (高線量区間を含む)
画像


8:43 警戒している警官 マスクをしている
     後ろにパトカー
画像


8:44 ショッピングセンター 「サンプラザ」の
     看板だけ
画像


  5日目 その2に続く