2014車泊旅 ぐるっと山口 3 周防大島 伊保田

10/26、 27、 28、 29、 30、 31 、 11/1 、 2、

2日目 10月27日(月) その1

       昨夜の事
        夜中 雨 カミナリも鳴った
        車内は温かく 暑いぐらい
        羽毛布団は足元に蹴り込んで
        毛布だけで充分だった

瀬戸内海では淡路島、小豆島に次いで
三番目に大きい島が周防大島だそうで

島の北側 真ん中辺りに 位置する
「道の駅 サザンセトとうわ」の朝です
画像


車泊車は4,5台
大体が 魚釣りに来てるみたい

中に1台 旭川ナンバーのハイエース
夫婦連れだったので

これは多分 旅車だったかも、、、
画像


後ろは海
画像


横には イカダ渡しの渡船のりば
画像


防波堤には釣り人
昨夜 真っ暗な駐車場で 

懐中電灯の明かりで 何やら 料理していたのは
この人達だったのかなあ
画像


画像


ホラホラ 休日 夜間のトイレは
画像


こんな所に あったのです
懐中電灯持って 来ましたけど、、、
画像


トイレの蛇口には「雑用水 飲用不可」とあったので
歯磨きは車に積んでいる水を使いました
画像


朝食後
画像

 
島の奥に
陸奥記念館があるそうなので見に行きます 

9:10 道の駅 発
画像


9:30 陸奥記念館 着
画像


第二次大戦末期の昭和18年
周防大島 伊保田沖で 泊っていた戦艦陸奥は

原因不明の大爆発で沈没
1471人の乗員の内 生存者350人という

大惨事が起こったそうです
昭和22年に引き揚げが試みられたが

海底42mでの作業は困難を極め中止
遺族や関係者の熱意で

昭和45年に再開された作業は
8年にも及び 遺骨 遺品 主砲など

艦体の75%が引き揚げられたそうで
それを展示してあるのが

陸奥記念館
なぎさ水族館との共通券は580円
画像


館内では
引き揚げ当時の写真や
画像


長官公室艦窓
沈んでいた年月を思わす貝殻
画像



陸奥沈没地点の地図などが
興味をひきました
画像



野外展示コーナーもあり
沈没現場の海を望む丘には 慰霊碑と共に
画像



海底から引き揚げた艦首,副砲、スクリューがありました
画像



画像


戦艦陸奥の艦首
画像


隣接の陸奥キャンプ場に移動

PS-1 飛行艇が置かれていました
画像



画像


近くで見ると
すごく大きいもんですねえ
画像


伊保田港から 出たフェリーが行きます
画像


柳井港へ行くのかも、、、
画像



(旅 2日目) 10月27日 その2 に続く