お釈迦さん

あべのハルカス美術館の
開館記念特別展としての「東大寺」

もらっていた チケットが2枚ある
じいさんと車で行ってきました
画像



天満から谷町筋を通って天王寺
沈滞した大阪経済そのまんま

ナント閑散とした 交通量か、、、!と
かってを知るじいさんが 言うとりました
画像



自宅より50分
近鉄パーキングビルに駐車 11:20
画像


この駐車場

近鉄百貨店 3000円御利用で
2時間ご優待いたします

但し 展望台(ハルカス300)、美術館 ホテルは別、、
だそうです
画像


駐車場から通路で近鉄デパート2階へ
繋がっています
画像


デパートに入るとそのまま進んで
エレベーターで14階まで
画像



14階 あべのハルカスダイニング
(レストラン街)を通り抜けて
画像



エスカレータで16階 へ
画像



美術館フロアへ到着です
画像



また ここには ハルカス展望台への
エレベータ乗り場があります
画像


そんなに混雑はしてないようです
天気が良ければ上ったでしょうが

どんより曇っていたので やめました
画像



16階の屋外に出て見ました
皆が観てる方向は北(梅田)のほうです
画像



画像



つつじが植えられている
ここの正面は東を望む
画像



ガラス越しに うっすら見えるのは
生駒山から 信貴山の辺りだそうです 
画像



ハルカス美術館に入ります
入り口近くに置いてあった お釈迦さん

これの本物を見たかったのです
画像


館内は程良く空いていて
ゆっくり見ることができました

私の見たかった「誕生釈迦仏立像」は
入ったすぐの所に展示されていました

生まれたばかりのお釈迦さんの
輝かしいばかりに幸せそうな表情を

しみじみ眺めました
なんとええ表情をしていることか

ふくいくたる香りがするような
健やかなお顔でしたわ

これで概ね 来た甲斐があった
あと ひとつ

鎌倉時代 快慶作の
「地蔵菩薩立像」がえらい男前ですっきりしていて

ほほう、、と私なりに感心したので
パンフの番号に印を付けてますと、、、

監視のお姉さんが近付いて来て
「そのボールペンを使うのはご遠慮ください」

「こちらの鉛筆でお書き下さい」と
短いペッタンコの鉛筆を渡されました

知らんかったわ 
ボールペンを使ったらアカンなんて

ちょっと イヤな感じがしましたが
知らなかった私が悪いのでしょう

すべて分厚いガラス越しの展示でも
ボールペンは危険と認定されるんやな


美術館を出て 
お釈迦さんに水(甘茶じゃない)掛けて
画像


帰りましたわ
画像



画像


下りのエレベーターから
天王寺動物園あたりが見える
画像



所要 丁度2時間ぐらい
駐車代は1200円でした
画像


画像



<