託された手紙 ②

わざわざ 動物病院を捜して訪ね
託された手紙、、、がある事に

家族みんながびっくりしていました
「のらココの死」がここまで 人を動かすのか、、と
画像



元気になったココも 寄ってきました
画像



何度も読みました
画像



ココchan & のらココchan の 飼い主様へ

昨年の秋、偶然、YouTubeで「排水溝から救出されたココ」という
動画を発見し、そこから、「半径10メートル日記」ブログに辿りつきまして

それはそれは、毎日、ブログを楽しみにしておりました。
「ココchan 」 の成長が まるで自分の姪っ子が成長する様な感覚で

毎日楽しみにしておりました。
そして、11月末頃から登場した、ココchanの姉妹の、のらココchan。

愛嬌たっぷりの ココchanとは 一味表情が違う のらココchanという猫。
すぐに大ファンとなりました

そして ココchanの飼い主のママサンと、のらココchanの距離が
次第に近づいていくのが、とても、うれしかったです。

そして、2月になり、ココchanと のらココchanが一緒に遊ぶ様になり、
2匹が仲むつまじく、遊ぶ写真は、本当に私の癒しでした。


と、、、はじまる 便せん4枚に綴られた手紙でした

以下 スキャンして.添付させていただきました

画像


画像


画像


画像



添付させていただいたのは
ブログの読者のなかには 他にもこんな思いを

もっている方がいるだろう、、と
それも もしかしたら 思わぬ数の方がいるのかもしれないと

娘に言われたからでも あります
この方のお手紙を通して 皆様のお気持ちも

一緒に受け取らせていただきます
本当にありがとうございました
画像


この手紙の方と同じように
コメント欄を敢えて持たない私の

取材にきた出版社がありました 
そこのライターさんも

娘の掲示板からココ救出のYouTube、 半径10メートル日記
娘のブログへと辿られたようでした

娘を介して連絡をいただき
家族で取材を受けたのは2月の末でした

隔月誌 「猫びより」5月号が
4月12日に発売されましたが

その号にココの救出が載せられました
画像