尾張 奥三河から半島への車泊旅 その14 知多半島 常滑 

吹田から5泊6日の旅

5日目 11月8日(金曜)

今日まで 1日目 名古屋市内 道の駅「瀬戸しなの」泊

      2日目  奥三河         道の駅「鳳来 三河三石」泊
      
      3日目  伊良湖岬        道の駅「筆柿の里 幸田」泊
      
      4日目  半田市 知多半島   南知多道路 武豊PA 泊


画像


で、、今日5日目 朝 6:00 武豊(たけとよ)パーキングエリアの朝
                建物側から見たPA
画像


昨夜の車泊車は1台だけ
入ってくる車もほとんどなく 静かな静かなPA、、、でした
               車の側から見たPA
画像


この武豊PAのトイレ
お人形やアンパンマンのキャラクターで 飾られた洗面所
画像


ペーパー入れのかごも
画像



布団が置かれた ベビーコーナーがあり
お金は掛けられないけど 心使いいっぱい、、と言った風情に

なんだか 温かみを感じたのでした
画像
障害者用のトイレは階段下の
駐車場と面一の場所にありましたし、、、


車の傍に寄って来た小鳥(セキレイ?)
画像



車内で朝食後
画像


(南知多道路) 武豊ICを出る
画像


R247を常滑へ
見えているのは中部国際空港へ向う連絡橋
画像


10:00過ぎ 常滑の陶磁器会館着
         館内には常滑焼が展示即売されてます
画像


これは じいさんが買って帰ったお茶碗 1200円
常滑焼は私達でも買えるおねだんでした
画像


常滑「やきもの散歩道
歩いてみました
画像


煙突がのこる窯跡
画像


古い工場を巡る 丘の上の小道
画像



江戸時代から明治のはじめまで
常滑は焼き物の町であり 廻船の町でもあったそうです

その当時に建てられた廻船問屋 瀧田家が
修復公開されていました
画像


瀧田家中庭
画像



瀧田家の帳場に座った じいさん
あまりに 貫禄無さ過ぎなので 顔はボカシましたよ
画像



人間が二人位 楽には入れる長持ちがあったり
室内も興味深かったですが
画像



「瀧田あゆち」 さんという この家の娘さんの来歴や
美しい写真に引き付けられました
画像


豪商 瀧田家8代目の長女として生まれ
2005年に72才で亡くなっています

東大法学部出身の キャリアウーマンで 亡くなった時の肩書は元財団理事
お兄さんも東大教授だそうですから

毛並みの良さ 血筋の良さはどうしようもないですねえ
美しい写真の前で ため息をつくばかりでした

画像


「あゆち」さんのように艶やかな 野ボタンが
入り口を飾っておりました   見学300円
画像


焼き物が敷き詰められた道から
画像


青い空の下の散歩道は 楽しかった
若い人達も 結構歩いていました
画像


土菅阪
画像



画像



ゆるい坂を登ると10本煙突の
画像


登り窯が見られました
画像



12:45 約2時間半の散歩道でした
      陶磁器会館 駐車場発

13:25  すき家にてカレーセットの昼食
画像


この後 中部国際空港へ向います


    その15 中部国際空港 に続く