尾張 奥三河から半島への車泊旅 その12 半田から知多半島

吹田から5泊6日の旅

今日まで

1日目 名古屋市内(大須 熱田神宮 名古屋城)

2日目 奥三河(足助 香嵐渓 鳳来寺山)

3日目 豊川稲荷 渥美半島[伊良湖岬) 蒲郡

4日目 11月7日(木曜)

道の駅「筆柿の里 幸田」の朝
画像


昨夜来 雨 しかし あたたかい 気温20℃
画像


6:30 道の駅トイレ 菊の花が活けられています
      (なんでも 写真に撮る ばあさん)
画像



駅内には 休日夜間病院の御案内として
地元幸田町の救急医療センターの電話番号がある

これって 親切な案内ではないか
イザと言う時 勝手知らない県外人には

非常にありがたい
道の駅情報も 進化しています
画像


時間は6:45ちょっと前、、、、、の道の駅
画像


このあと メモの整理 1時間(雨だしね ゆっくり、、、)

9:00 朝食
     ツナサンドに コーヒー ソーセージ 柿 みかん ヨーグルト
     (いつも飲んでる アリナミンEX)
画像



9:20 朝食グッズを 引き出しに片付ける
画像



9:25 車の後ろの窓から見た 駐車場
     大型トラックがたくさん入っています
画像


9:40 道の駅の青果直売所で
     筆柿(甘柿の大袋入り 350円)とトマトを買いました
画像


今日の予定としては
半田まで走って 市内を見学する、、ですが

その前にここからも近い
三河湾に面した 西浦温泉に寄ってみます

私は知りませんでしたが 
名の知れた観光地だ(だった?)そうです

10:00 道の駅 発 気温15℃ 
      柿畑が続きます
画像

     

R23を 西浦温泉へ 雨は止み 薄曇り
画像



10:20 過ぎ 西浦温泉 着
      廃業して 取り壊しているホテルもあります
画像


海に面した先端に行ってみました
画像



がけ崩れがあって 歩道は通行止め
Uターンして ホテルの並ぶ岬へ
画像



お天気のせいもあるのか
なんだか うら寂しい西浦温泉でした

まあ 温泉は見るものじゃなく 浸かるもの、、ですから、、
私達は邪道です
画像


10:35 西浦温泉 発 
      R247 幡豆(はず)街道を通る
      (名鉄蒲郡線に並走していて 海岸沿いを走る道)

     西尾市 吉良町を通る
     私達が知る 吉良上野介

     忠臣蔵の物語では悪役ですが 地元では名君でとおり
     いまでも 12月14日には法要が営まれているんだそうです

11:30  衣浦トンネルを通って(通行料250円) 

       半田市
       ミツカン本社のビルが見える
画像



11:40 JR半田駅の周辺にパーキングなし
      しょうがないし お昼なので

      名鉄近くのスーパー「ピアゴ」に駐車
      弁当を買って
画像


      車内で食べる
画像


     駐車場を捜して車を停め
     市内 散策に出かける
画像


     まず 名鉄の 知多半田駅
画像


     駅前の案内板
     赤レンガ建物 紺屋街道、、など
画像


     雨がパラついてきたので
     車で移動 赤レンガ建物に着

     近くに駐車して歩く
画像


     明治時代にビール工場だったそうです 
画像

     
     平成26年に改修して
     27年に見学できるようになるそうですが

     今は 外からだけ 中へは は入れません
画像


画像


画像


赤レンガ建物の前に
「紺屋海道」の案内があったので 行ってみます

南吉(ごんきつねの作者 新実南吉)も歩いた
半田の古道、、、という説明

この辺が南吉晩年の生活圏だったのでしょうね
画像


交通の要衝として栄えた街道の中で
染物屋があったと 伝えられる界隈、、だそうです
画像


昔の風情がかすかに 残って、
画像


なつかしい佇まい、、が感じられる所も
ありました
画像


歩いている時 目にした大木
じいさんが小人のようにみえるでしょ?
画像


カイズカ イブキです
画像



県指定の天然記念物
樹高15m 幹は4m弱
画像

 

摂取院というお寺に生えていました
大木には凄いインパクトがあります

生命力と神秘さ、、、でしょうか
画像


帰り道にあった 保育所の外観も
インパクトあり過ぎ、、、でした
画像



歩道橋を渡って 車に帰る 
画像


14:30 ナビに 「知多町 師崎」を入力
           R247を通るルート 
           ここから 26K、、、だそうです

     知多半島 先端へ向います


    その13 知多半島 師崎 に続く