尾張 奥三河から半島への車泊旅 その9 豊川稲荷

吹田から5泊6日の旅

1日目 名古屋市内(大須 熱田神宮 名古屋城)

2日目 奥三河   (足助 香嵐渓 鳳来寺山)

3日目 11月6日(水曜)

7:00  道の駅「鳳来三河三石」の朝
画像


画像


この道の駅 は静岡県境の近くにあり 
三遠南信自動車道の 「浜松いなさJCT」も近い
画像
 



今日は 天気が良さそうなので 
渥美半島 伊良湖岬へ 行こう、、、となった
途中、豊川稲荷も見てゆく


9:05 道の駅 発
     とりあえず 豊川稲荷を目標に走る
画像


9:30 R151 豊橋 27K
         豊川 21K
画像



9:40 R151→ 10K先通行止めのため →R21(豊川新城 線)へ
画像



10:00 豊川稲荷着 駐車場を捜す
      豊川稲荷大駐車場が門前にあったが
      
      11月9日 10日に「B1グランプリ」がある為
      この駐車場は使用できない、、、と案内あり


10:15 (36K)で、、、JR豊川駅東駐車場に入れた 駐車代500円
画像


JR豊川駅東口を通って 
画像


豊川稲荷 表参道
画像



途中 今週の土曜、 日曜にあるという
   B1グランプリのポスターがあった
画像



豊川稲荷 表参道
画像


11:00過ぎ 豊川稲荷 着
画像


手を洗って お参り
画像



壮大で格式を感じます
画像


お稲荷さんの本堂
画像



お稲荷さんは出世開運 商売繁盛の神様
さすが 大きな賽銭箱
画像



しかし 豊川稲荷は神社ではないんだそうです
曹洞宗のお寺なんだそうですわ

京都の伏見稲荷大社は神社系
豊川稲荷は仏教系

と分かれる、んだそうですわ
まあ 神でも 仏でも どっちでも ええことですが、、、

兎に角 3万坪の敷地 広いんですわ
回廊を潜って 奥の院、きつね塚へ進みます
画像


木立の奥が奥の院
画像


巻物をくわえた狐が迎えてくれます
画像



「豊川ダキニシンテン」と書かれた提灯が
吊り下げられたお堂の中では
 
親子連れらしい3人が 
真剣に祈ってました
画像


奥の院の更に奥にある 霊狐塚
画像


画像


ここにある狐像は
祈願と成就のお礼として信者が

奉納したものだそうですが
おびただしい 数のきつねです
画像


何を願い 何が成就したのか
知りませんが、、、、
画像


圧倒されます 狐の迫力に
画像


信者が奉納した 千本幟の参道を帰ります
(ちなみに幟 1本は二千円で奉納できるそうです)
画像

 
境内には池もあり
画像


池をのぞいていた おばちゃんの視線の先には
画像


亀がいました
画像

 
鳥居を通って
画像


豊川稲荷を後にします
画像


お昼にはちょっと早いのですが
表参道のうどんやさんで 「けんちんうどん」と[いなり寿司
画像


12:00 JR豊川駅東駐車場に帰りました


     その10 渥美半島 伊良湖岬  へ続く