関西からの車泊旅 八王子から横浜あたり 14 城ヶ島へ

11月16日(金) 7日目の2

11:00 三笠公園から R208→R210(浦賀久里浜線)→R134へ

11:20 R134 久里浜歩道橋あたり
      城ヶ島へ15K
画像


11:30 三浦海岸R314→(海岸よりの)R215を行く
画像


      R215→剣崎方面に
画像


      三浦半島の先は
      大根畑の緑が青々としている
画像


11:40  車の中からは剣崎灯台が(てっぺんだけ)
       見えるが
画像

       これがなかなか辿りつけない      
画像


     車巾いっぱいの道を下りて行ったら
画像


      漁港に出てそこで 行き止まり
画像


剣崎灯台は諦めて 再び R215にもどり
宮川湾に沿って走る
画像


三崎に着いた
岸壁から 城ヶ島大橋をみる

左が城ヶ島 右は三崎港 
岸壁の近くのバス停の名前は 「通り矢」
画像

 
 「城ヶ島の雨」の歌の中にある、、、、、

 雨は真珠か 夜明けの露か
 それとも私のしのび泣き

 舟はゆくゆく 通り矢のはな
 濡れて帆あげた ぬしの舟

「通り矢」って?、、何?と思ってきたが
地名だったのか

 
城ヶ島大橋を渡る(普通車 100円)
橋の上からの富士山<望遠で)
画像


県立城ヶ島公園 入園は無料 駐車代440円
画像


公園は 島の東の高台一帯
海からの風は厳しいのか
植えられた松が 全部、傾いています
画像


きれいに整備された公園の展望台から
画像
 

相模湾のむこうの島影は?
画像


西の方をみると 富士山
いい天気でよかった
もうかった、、気分です 
画像


北の方をみる
(対岸の三浦半島の先端)
画像


南の方をみる
(相模湾)
画像


東の方をみる 
(先端に安房崎灯台)
(浦賀水道の向こうは房総半島)
画像


画像


安房崎灯台まで250m
行ってみます
画像


高台を下り 岩場を通って灯台へ
画像


砂地は 砕けた貝殻で出来ていました
画像


画像


安房崎というのは安房の国(千葉県)が
一望できる崎、、ということでついた名とか、、

灯台到着 
画像


画像


灯台の足元は
凪いだ海でしたが
画像


普段は
波しぶきが灯台を洗っているそうです
画像


再び高台に登って
猫たちが遊んでいる広場に
画像


歌碑がありました

   先生のうたひたまへる
      通り矢のはなの
         さざなみひかる
             雲母のごとく
                宮 柊二


昭和の歌人 宮 柊二は白秋の門下生
だったそうです
画像



     15 鎌倉から東名厚木ICへ に続く