むかわれ

郷里では1周忌法要を「むかわれ」という
昨年大腸がんで亡くなった 義姉の「むかわれ」は
9月19日に鳴門のお寺で行われた
画像
義姉の兄弟姉妹はすでに死去
夫である兄
息子夫婦とその子供達
娘夫婦とその子供達
義姉の甥、姪
そして 兄のきょうだい5人(女ばかり)が
出席者でした
画像
お寺での法要のあとは
離れた所にある別の寺内のお墓へマイクロバスで向う
画像
皆がお参りした後は
画像

再びマイクロバスでホテルに
画像
ホテルからは大鳴門橋がみえていました
画像
ホテルでは義姉の遺影が飾られ
法要のお膳をいただきました

画像
地元のアオサの赤だしがなつかしかったです
画像

画像


法事というのは死者の為というよりも
後に残った者たちの為のもの、、、、やなあ、、、

普段ほとんど 逢う事のない者達が
顔を合わせる
数少ない機会を
与えてくれるもの、、、、

仏様のふか~い知恵かも、、、、

皆がそろう機会はまだあるかしら
ひょっとしたら 無いかもなあ

とか、、おもいながら皆で一緒の写真を撮っておきました