2007車泊旅 三陸からみちのく その8 (唐桑半島)

10月15日~31日(16泊17日)の旅

4日目(10月18日 木)のNO3
13:30(今日の走行ここまで 72K) 気仙沼市営駐車場を出て
                 唐桑半島へ向う   駐車代500円

岩手県久慈市から宮城県気仙沼市まで
180Kの海岸線が陸中海岸国立公園で

気仙沼市の唐桑半島はアカマツ林の迫る
入り組んだ湾が美しい
画像

画像
半島東側になる巨釜 半造の遊歩道を歩く

画像

画像
画像
巨釜(おおがま)にある折石
明治29年の三陸大津波で先端が2メートル折れた事から
この名がついたそうです(高さ16m 巾3m)

此のときはそんな威力がある津波があったんだ、、、と
感心していたのですが
2011年 3月11日の津波はそれをはるかに
上回る大津波だったわけで、、、、
生まれて67年、、、千年に一度というその一度に巡り合わせた、、、のかも


画像


画像


画像
激しい波の打ち寄せる入江に降りてみた

画像
急峻な入江のわずかな平地に漁船が置かれていた
こんなところからも出漁するんだろう

唐桑半島の先端の御崎には
(訪れる人もほとんどいなかった)ビジターセンターががあった
画像
中の津波体験館 に入る 大人370円
津波の歴史の資料や 津波体験装置などがあった

このセンターで88才のおじいちゃんに逢う
長野からの一人旅でジバング会員
5泊6日の旅程を組んでもらったとか
今夜はこのビジターセンターのすぐ近くの
国民宿舎「からくわ荘」に泊まるそうだ
誰かと話がしたかったのか しきりと話しかけてくるので
30分は話していたけど、、、
今夜の車泊場所を捜さなければいけない私達
早々においとました
画像
唐桑半島の先端に建つ 国民宿舎「からくわ荘」

画像
17:00 御崎観光港も夕暮れ

17:20(116K)気仙沼市のお隣 陸前高田市の
          「道の駅 高田松原」に着く
          広い駐車場だがトイレの場所とかは
          不親切な設計 
画像
駅構内にあった山車
けんか七夕 今泉組、、とか書いてある
夜になって太鼓を練習する音がすぐ近くでしてきたので
音の聞こえないところまで 車を移動させた

道の駅から少し歩いて 六角亭という食堂で夕食
画像
豆腐ステーキ定食 650円
イカ生姜焼き定食  750円

食堂の前の大きなドラッグストアで
車内の消臭剤「ファブリーズ」を買う

旅4日目は

岩手県陸前高田市高田町「道の駅 高田松原」で車泊


三陸からみちのく その9に続く