ムジナ

画像
4月18日付け 朝日新聞
原発安定へ「6~9カ月」
放射線減に3カ月
冷温停止3~6カ月
、、という

東電、初の行程表が示された

あくまでも 予断をゆるさない 危険な綱渡り

放射能は漏れ続けているが

どこからどんだけというざっくりした広報も、もちろんない

本当に冷温停止までもってゆけるのか

いまのところ だれにもわからない

未だ経験したことのない事態に試行錯誤しているのだから、、、

しかし 

福島原発の事故の 広報については

絶えず [大本営発表」というフレーズが頭をよぎる

政府も 原子力保安院も 東電も

おなじ穴のむじな、、、、かも、、、