車泊旅 ナビが頼りの東京⑩ 7日目その2 夢の島から 船の科学館

10月23日(土) 7日目

8:35  千葉県 道の駅八千代発

ナビに江東区 夢の島 第五福竜丸入力


ここから約36キロ

画像




画像

10:00  夢の島公園着
      
1954年にアメリカの水爆実験で被ばくした

マグロ漁船「第五福竜丸」が保存されています

画像

140トン 木造の舟です

画像

被爆後亡くなった乗組員 久保山さんの葬儀の写真

小さな子供達が痛々しい

当時私は10歳 この子らと同い年ぐらいかも、、、

原水爆実験は 止む事もなく

まだ続いているが、、、

画像

ゴミで埋め立てた夢の島は 

緑の公園となり

バーベキューの用意をした

家族連れで賑っていた

画像


臨界副都心はこのあたりをいうのかな

画像

海と舟の文化をテーマにした

船の科学館へ行く

65歳以上は450円でした(一般700円)

画像


画像

地上70mにある展望台からの眺め

画像
ゆりかもめ 船の科学館駅


画像



画像
東八潮のプール


画像
東京湾を跨ぐ レインボーブリッジ



画像

客船ターミナルに係留されている

手前に南極観測船 宗谷

向こうには青函連絡船 羊蹄丸

その向こうは青海コンテナ埠頭が続く



大東京のパノラマをとっくり拝見



画像


画像

科学館の外の 宗谷に乗船

昭和13年に進水 奇跡的に大戦を生き抜き

昭和31年、砕氷船に大改造され

南極観測船として6往復した船だそうです

船って 

その活躍から引退までの軌跡が

人生にも似て

苦くも 華々しくも、、ロマンがある、、

画像
宗谷の甲板

画像
調理室


画像
士官寝室と、、


画像

                手術も出来る医務室 

何が起きても対応できるように 

それぞれのエキスパートが乗り込むのですね


画像
             船内通路


画像
次は 宗谷のむこうに停まっている羊蹄丸に、、、


画像

画像
羊蹄丸船首
画像
船首から見下ろした埠頭


画像
羊蹄丸の中には

青森港の当時の様子が再現されています

私も45,6年まえ 青函連絡船に乗った事があります

光陰矢のごとし

画像
画像
羊蹄丸の操舵室



画像

このあたりは 青海北埠頭公園 




ナビが頼りの東京11 7日目その3お台場に続く