フローズン・リバー

画像

2008年  コートニー・ハントという女性監督のアメリカ映画

カナダと北アメリカの国境を流れる

冬の寒さで固く凍るセントローレンス川

北アメリカの先住民であるモホーク族は

カナダ側にもアメリカ側にも「保留地」と

言われる居住区があり 

一定の自治権が与えられているよう

この自治権 というか 保留地ルール を

悪用して行われる 不法移民の密入国

これに手を染める 女ふたり

2人の子供を抱えて、生活に追い詰められた レイ と

「保留地」に住む モホーク族の ライラ  

ライラも幼い子供を持つが

夫の死後 子供は手元にいない

雪の荒涼とした背景で進められて行く物語なのに

最後は

体、全体 豊かな何かに包まれた

人間の持つ 母親というものが持つ

深い想いに 心をつかまれる

人間を肯定して生きて行ける社会であって欲しい

厳しさが増す 世の中だけど、、、