2005車泊旅 春の九州 手紙① 

2005年春 九州の車泊旅について

この旅の後に

ダンナが知人(鹿児島出身)に出した手紙から、、

以下ダンナの手紙

画像
帰途 4/25 16:20
瀬戸大橋をくぐる ダイヤモンドフェリー
                    (大分―松山―今治―神戸)

実は私達4月11日から2週間ほど

九州に行って来ました

25日の昼のフェリーで帰ってきたんですが

夜、家について とてつもない列車事故を知り

びっくりしました  注 JR西日本の脱線事故
(列車程 安全な乗り物はない、、と思っていましたのに、、)

かって バイクで事故の刹那を経験している私には

その時の恐怖がよみがえってきました

事故に遭われた方はさぞ恐ろしかったでしょう

若い人がたくさん亡くなり 胸が痛みます

さて 旅の話ですが

今回の主な目的は牛深のハイヤ祭りを見る事と

もう一度 吹上浜に行く事です

ハイヤ祭はハイヤ節の歌と踊りの祭りです

画像


画像
               4/17  天草下島 牛深港 漁船団パレード

○○さんも御存じかと思いますが、、

いかにも 船乗り 漁師の歌という感じの

賑やかな うきうきする歌で 一種 魂を揺さぶります

画像


牛深では お祝いとか ゲンなおしの時に

歌われるそうです

画像


市民ホールでの前夜際の舞台で2時間半

歌と踊りを見せてもらったんですが、、酔いました

画像

           4/15 牛深総合センター 大ホール
なかでも 牛深高校郷土芸能部の女生徒の

歌と踊りは感動ものでした

県外でも演じるそうなので

どこかで見る事があるかも知れません

画像


画像


画像

吹上浜は昔の砂浜の風景があって

大変懐かしさを感じます

私達のふるさと鳴門にもあったんですが

今は高い防潮堤が出来て

味も素っ気もなくなっています

画像


画像


自転車を借りて万の瀬川の河口周辺も走りましたが 

景色が雄大でしばし浮世を忘れました

画像


画像


画像


画像


画像


各地で弁当を買ったり 食堂に入りましたが

大分 熊本を経て 鹿児島に入った途端

量が多くなり 食べきるのに気合いがいりました

天草では甘夏とかミカン類が安かったです

(一袋に大阪の倍は入ってます)

阿久根の国道沿いの店では魚が、、
注 江口蓬莱館 日置郡東市木町

食べ頃の大きさの天然鯛が800円ぐらい

大阪ではめったに見ることのない

大きなホウボウ コチもありました

いかんせん旅行中 買えません残念

画像
 

吹上浜に来る途中、串木野駅あたり 国道3号線沿いに

神村学園の真新しい校舎があり

選抜高校野球 「準優勝おめでとう」

の垂れ幕が架かっていました

残念でしたね ○○さんもさぞ熱くなった事でしょう

それから 今回の旅で印象に残ったのは

道行く知らない人が 挨拶をしてくれることでした

阿久根では立ち止まって挨拶してくれる小学生もいて

なんか我に返った感じがしました

いいものがいっぱい残っている九州でした
画像
                4/19 瀬平橋 後ろは開聞岳



2005車泊旅 春の九州 手紙②に続く