車泊旅 再びの北海道2004年 1舞鶴から 

49歳と44歳の時 失業状態で行った北海道(1988年)から、、、16年

65歳と60歳になった 私達夫婦

再びの北海道、、、、に出かけました

画像
6月30日(1日目)

往きに乗った船です 19000トン

(フェリーらべんだあ)

舞鶴から小樽まで28時間30分

現役最後の航海です

引退後は地中海方面に売られて行く、、うわさも、、、

7月からは新造の高速艇に変わりました

画像
7月1日(2日目)

満月が出ています 津軽海峡付近

黒い人物 小さいのが私 大きいほうは小樽の青年

大阪であった居合抜きの大会の帰りだそうです

武士の雰囲気がありました

画像
7月2日(3日目)

石狩湾の夜明け

船はカーブの航跡を残して小樽港に入っていきます

緯度が北にあるので 夜明けが早いです

現在 午前3時30分

小樽港入港は午前4時

画像
フェリーターミナルの中で朝食

画像
娘つながりでご縁が出来たお宅に
ちょっと、、、ご挨拶

画像
かぼちゃ畑のうしろ
遥か彼方に暑寒別岳

画像
 道央道に乗って旭川着

今夜は旭川駅前の「ホテルメイツ旭川」にとまります

朝早かったし ちょっと疲れました

でも食後 夜の旭川駅前あたりを 歩いてみました

駅も大きく札幌に次ぐ街なんでしょうか

ビジネスマンも多く ホテルも多かったですね

(旅の雑誌でしらべた 「トーコーホテル」、、、

捜しても見つからないとおもったら閉鎖してました

そこに泊まる予定だったんですけど)

雑誌も あてにしてはいけませんね

「ホテルメイツ旭川」もお部屋はぼちぼち

でしたが 夕食がチョイス型で850円と安く

かつ、おいしかったです

ゼミの先生と学生といった人達が泊まっていました