半径10メートル日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 炎症抑制

<<   作成日時 : 2017/04/18 22:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

血液内科 予約日
12時すぎ 病院に向かう
画像


12:40 病院着
12;50 血液検査
13:00 院内レストランで食事
画像


画像


14:10 診察
 
血液検査の結果 4/18
  ヘモグロビン  12,0
  網状赤血球 56 (H) (正常値 2−27)
  LDH        238 (H)
  総ビリルビン   0,85
  直接ビリルビン 0,09

前回 4/4(プレドニン 増量20ミリに)
  ヘモグロビン   10,1 (L)
  網状赤血球   104  (H)
  LDH        318  (H)
  総ビリルビン   0,94
  直接ビリルビン  0,12

前々回 3/7(プレドニン 8ミリ)
  ヘモグロビン    12,2
  網状赤血球     30  (H)
  LDH         230(H)
  総ビリルビン    0,76
  直接ビリルビン  0,08

4月4日からの プレドニン20ミリへの増量は
2週間を経て 功を奏しつつあり 

炎症は抑えられつつある、、という結果でした
で 次回も 2週間後の外来予約

この時の 検査結果が良好ならば
再び プレドニンを減量してゆくそうです

今回の再燃についても 
8ミリ までの減量、、の可否を考える

材料にはなるでしょう
微妙な所を 探りながら 維持量の

見極めをしてゆく 必要が
あるようです

主治医の話では 私の 前回の診察直後
同病の患者さんが再燃して 受診 

ヘモグロビン 5 で 即入院したそうです
この病気 再燃しやすいのだ、、と言ってました

今回 20ミリで 抑えられていなかったら
私の場合も 即入院だったそうで

入院用のカバンを 車に積んだままに
してあったのは 正解のようです

プレドニン 増量は治りかけていた
味覚障害を復活

口内炎 舌のあれを引き起こし
これらの副作用は

「プレドニンが犯人」である事の証明やなあ、、と
主治医は言っていました

で 今回は「ヂキサルチン口腔用軟膏」と

非常時用として 服用薬を3日分
追加して処方してもらいました

(外的アクシデントに備えて、、)
もしもの時に 薬を切らさない為です
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

炎症抑制 半径10メートル日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる