半径10メートル日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 湯村温泉への旅 その1

<<   作成日時 : 2016/10/26 12:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月21日(金曜日)

連休の一日を温泉で、、、とか いう
息子に付き合った

9:15 自宅吹田 発
画像


大阪から200K 鳥取県境に近い 
兵庫県新温泉町 湯村温泉まで、、

コースは
中国道〜吉川JCT

舞鶴道〜春日

北近畿豊岡道〜八鹿(終点)

9号線〜湯村まで




10:00 西宮名塩SAで コーヒータイム
画像


10:50 吉川JCTから 舞鶴若狭道へ
画像


画像


春日から
画像


11:20 北近畿豊岡道へ
画像


遠阪トンネル 2500m(有料)310円を
抜けると 朝来市(あさご)
画像


11:45 「但馬のまほろば」道の駅 へ寄り
 
画像


ここで昼食
宿の夕食に備えて 軽く、、食べる、、
画像

海鮮三種入りフォー
(米粉の麺)
画像

じいさんは懐かしいと
「ぽんせん」を買う

1枚食べたら お腹がふくれたわ
画像


12:35 和田山JCT
      北近畿豊岡道は
画像


12:45 八鹿(ようか)まで で今の所 終点(現在 工事中)
      ここからR9を鳥取 新温泉方面へ(38K)
画像


R9 を行く
画像


13:20
画像


画像


13:35 ここまで来たら 海が見たいので
      R9から R47(浜坂)へ向かう
画像


画像


13:50 JR浜坂駅前 
画像


浜坂駅構内
画像


構内の 鉄子の部屋(鉄道記念館)にも立ち寄る
画像


余部鉄橋に使われていた
鋼材が展示されていた
画像

三十年位まえの脱線事故について
記念館のおじさんと話す

強風による  脱線事故だった
回送列車で後ろの7両が落下 

車掌さんが一人と
鉄橋下の加工場の方が何人か亡くなった

「70年間も事故無し、、だったのにねえ」と
残念そうに 話していました
画像



その後 浜坂の海岸に向かいました
画像



14:07  ここで 鳥取地震に遭遇      
      道路を走っていましたが
      車がバウンドして 大きな揺れを感じました

      丁度この店の前
      この辺は 震度4 だったらしい

      「震源は 鳥取中部 マグニチュード6,6弱」だそうで
      倉吉 北栄町湯梨浜なども ここから近い

      山陽新幹線は運転見合わせ、、といっています
画像


      車に乗っていて 地震に遭うのは
      初めてです(車の中だと 案外怖くなかったですわ)

      前方の松並木も大きく揺れています
      海岸に向かうのは アブナイだろうと
      
      引き返しかけましたが
      「津波の心配はありません」、、という
      放送を聞いたので

      再び 海岸に向かいました
画像

14:20 久しぶりに 
画像
      

海の香りを   
画像

味わいました
画像

ここは
画像

「浜坂県民サンビーチ」でした
画像


14:40 湯村温泉の宿まで 
     引き返す
     
     途中 地元スーパーの
     「ジャンボ西村」へ寄る
画像


みかんと新興梨 甘酒を買う
甘酒は徳島県の板野藍住から来ていた

故郷の甘酒の味を
懐かしんで 買ったじいさんでした

大阪ではお目に掛かることがない
あま酒、、、です

こんな 所で売ってるなんて
どういう 流通ルートなんやろ?
画像


15:00 湯村温泉の宿 「ゆあむ」着
画像


                その2に続く


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

湯村温泉への旅 その1 半径10メートル日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる