半径10メートル日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 上部内視鏡検査

<<   作成日時 : 2016/07/19 15:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10時半 看護師さんと 
2階の内視鏡検査室の前へ

コップに入った溶水を
「飲んでください」と出されたが

「水も食べ物も 11日から飲んでません
飲めば痛いからです

薬はすべて 点滴でいれています」
、、、というと

医師に指示を仰ぎにいって
「それじゃあ 飲まなくていいです」

ということになって
ズラリと並んでいる 検査室の一つに入れられた

医師がひとり 
助手が3人

喉の麻酔薬 3,4滴 苦いが飲み込んでください
もう1回 麻酔薬3,4滴 これも飲み込む

喉の感覚が鈍くなってゆくのが
解る

「帰りはどうされますか?」
麻酔をするので ストレッチャーになる、、、と

聞かされていた旨を伝えた

その後
おおきなよだれかけ用のものをつけ

左を下に横向き
足のあいだに枕を挟んでくれた

ケットをかけてくれて
医師が挨拶

マウスピースを口で咬んで
その上をテーピング(しっかり)

これが動いたら痛いから、、、だそうです

その後 医師の手に 機器を見たけど
記憶はそこまで

気が付いたら
検査は済んでいた

早くスッキリ覚醒している
「生検をしました」

「その後処置は してあります」

「あす 便に黒い血液の塊とか
出るかもしれません」

とのことでした
起きられるので 車いすで帰りました

まったく 痛みも 苦しさも 無しでした

結果は やはり カンジダ菌がポツポツ 

みつかったそうです

生検で採ったのが

ポリープなのか 

がんなのか

腫瘍なのかは まだ 聞いていません

11時半には自室

じいさんに検査の経過を説明して

少し横になってます


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

上部内視鏡検査 半径10メートル日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる