半径10メートル日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 13年前、、、の事故 続き

<<   作成日時 : 2016/02/17 23:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

京都の病院に救急で搬送(2002年10月2日)されて1週間
骨折した足の手術の為

近くにある 系列病院に
救急車で転院した

じいさんの右足は
ボルトを通して牽引されて
画像

上を向いて寝た切り状態が続いた
(2002年10月20日)

術前の血液検査では
肝機能の数値がなかなか良くならず

手術が何回か延期されたからです
画像

その間には 長女も実家に帰省し
電車とタクシーを乗り継いで

なっちゃんと病院へ
来てくれた
画像


10月25日 やっと手術が出来る事になった
画像

娘と一緒に
手術室に送りだす
画像

骨には既に 肉がまき始めていて
それを剥がすのに時間がかかったらしいが

じいさんの大腿骨にはチタンがいれられて
手術は無事終了

その後 リハビリ 車いす 松葉杖と、、なり
12月の始めに退院

自宅近くの病院を紹介してもらい
リハビリに更に6か月通って終了となった

他の骨折部位(鎖骨 肩甲骨)は敢えて
手術の必要はない、、とのことでした


結局今回のバイク事故は 
並走してきたトラックが

直接事故に関わったわけではなく
道の段差にハンドルを取られて

勝手に転倒した
自損事故となりました

その為
自賠責への保険請求

加入していた簡保への請求
市の高額医療の払い戻しの請求などをして

かろうじて
入院治療代位になりました

しかし これだけの事故で後遺症なく
回復出来た事を思うと ありがたい限りでした

じいさんが 二十年から慈しんだ バイクは
そのままスクラップに出さず

配送車を頼んで 持ち帰り
しばらくは 庭に置かれていましたが

これ以後 
じいさんは

十代からの永いバイク人生に
終止符を打ったようでした


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

13年前、、、の事故 続き 半径10メートル日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる