半径10メートル日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良 吉野へ その6 橿原神宮

<<   作成日時 : 2015/11/16 00:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月26日(月)2日目 洞川温泉から吉野山を経て

14:00 橿原神宮着
      
      ここも何十年か前に来たけど
      神宮前のお店で飛鳥鍋とかいう

      牛乳仕立ての鍋を食べた
      記憶があるのみ
画像

灯篭の柱に日向ぼっこか、、、
蟷螂
画像

境内は広い
手水舎も大きい
画像

画像

南神門には
画像

「紀元二千六百七十五年」とある
紀元は神武天皇の即位の年から数える年号

昔の映画の中だったか、、、
「キゲーンは2600年!」とか

歌っているのを 耳にしたのは。
紀元2600年は 西暦1940年 昭和15年

戦争や敗戦の忌まわしい記憶にも
結びついている「紀元」という年号ですけど、、
画像

橿原は神武天皇が即位した場所というので
明治22年に橿原神宮がたてられたそうです

日本書紀とか古事記とかに依るといっても
どこまでが神話の世界でどこからが

歴史的事実なのかは
わからない、、というのが

本当のところじゃないのかなあ
政治的に時代に利用されて、、、とか

いうのもあるだろうし
神武天皇が第1代天皇というのは

どうなんだろう
日本のはじまりと言われても、、、

事実は神話の中にもあるだろうか 
そんなこと わからんよねえ
画像

外拝殿の後ろは畝傍山
画像

外拝殿の正面
画像

近寄ると今年の絵馬の羊
来年は私の干支になる
画像

外拝殿から内拝殿を拝む
画像

御祭神は神武天皇とその皇后
画像

拝殿から
画像

回廊へ
画像

回廊を進むと
画像

「ご本殿特別参拝」
「秘庭 特別公開観覧」の受付
画像

画像

特別な空間を見せてもらうのも
滅多にない機会かも、、と

案内を申し込む
本殿と庭で2千円(痛いな)
画像

この後 ご神域であるご本殿をぐるりとまわり 
後門より参拝して外拝殿から出口へ

この間 撮影は禁止でしたので写真はありません
ひとつだけ「アレッ」と思ったこと

回廊の燈籠をふと見上げた息子が
見つけたのは

おんなじ町内の方の名前でした
へえ あの方が寄進を、、というのより

たまたま見た所にあった、、という偶然に
なんだか 不思議な気がしました

何百と並んでいる吊燈籠やし
奈良の橿原、、でという事に、、

秘庭観覧は 
勅使館 文華殿 貴賓館の3つ

各自見て回ります
画像

勅使館 
勅使参向の時に使われる建物
画像

説明もありますが
画像

なんだか ピンときませんでした
画像

お庭といっても、、ねえ
画像

畳の縁の模様がめずらしかったので
写しましたわ
画像

次は貴賓館
皇族が参拝される時の休憩室
画像


画像


画像

最後は文華殿
織田家旧柳本藩邸の表向き御殿
画像

画像

画像

画像

画像
橿原神宮が保存を頼まれて
そっくりそのまま移築復元させた
大名屋敷だそうです

これで拝観おわり
画像


16:00まえ 南阪奈道から近畿道でかえりました
画像


画像

吹田自宅着17:00
     
1泊2日の奈良 吉野の旅 全走行250Kでした

      ガソリン代  2700円
      高速通行料 2800円
      宿2人分   25000円
      拝観料    5200円
      昼食代    3400円
      みやげ他   5000円
                計  44100円
                            おわり
           
         

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

奈良 吉野へ その6 橿原神宮 半径10メートル日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる