半径10メートル日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015 秋の車泊旅 岡山 25 帰りはおもちゃの博物館へ

<<   作成日時 : 2015/11/08 02:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

10月17日土 (6日目最終日)

山陽自動車道上り 吉備SAの朝
帰りは姫路の「日本玩具博物館」に寄ります

9:10 SA発
画像

山陽道から播但道へ
画像

「船津 香寺町」IC出る
(山陽道 吉備ー播但道 船津)

高速代 1910円 
画像

10:20 日本玩具博物館 着
       (兵庫県姫路市香寺町)
画像

田舎道を抜けて到着したのは
白壁土蔵造りの建物

蔵の中に入って行くと
受付があった   入館料600円
画像

館内は落ち着いた雰囲気
1号館から6号館まである
画像

子供の文化財であるおもちゃを
集めて9万点
画像

いろんな角度から 
玩具の歴史や楽しさを
画像

紹介しているこの博物館は
サントリー地域文化賞も受賞したそうです
画像

その膨大なコレクションの中で 
私が見たかったのは
画像

駄菓子屋の玩具や
            (ブリキのペコペコ)
画像

            (ブリキのポンポン船)
画像

ひな人形のままごと道具
画像

江戸後期 神棚のある台所 井戸 かまどなどが
当時そのままの姿で小さく作られて

雛飾りとなった そうです
京阪地方の町家を中心に

明治、大正を通じて人気を博し
昭和の初期ごろまで

ひな壇の下部に置かれ、

「黒漆塗りの雛道具は」 
おひな様の為のもの

「白木の勝手道具は」
女の子のままごと道具として

親しまれ続けてきた、、そうですが

正にその通りを体験しています
ひな壇の道具で遊んだのは

昭和20年代の中ごろ(当時5,6歳) 
本物そっくりで精巧な造りのミニチュア

井戸端、 おひつ や しゃもじ
すり鉢やすりこ木 おろし金、、までもあって

お雛さんが飾られている間は
それで遊ばせてもらえました

母は明治の末の生まれですが
いつの頃からあった

ひな道具なのかは
知りません
画像


失われてしまった
子供の頃のおもちゃは
画像


なんとしても 懐かしい
               椿の葉の虫かご
               椿の葉の草履
画像

              麦わらで作った蛍カゴ
画像

               ミルク飲み人形
               電気釜
画像

あいさつして戸を開けたら
丸い玉がゴロゴロでてくる、、、

素朴だけど たのしいおもちゃは
実際に触って遊べます
画像

他にも 手にとって遊べるおもちゃの
画像

コーナーがあって
楽しいものでした
画像

4号館の2階は 「世界の玩具と人形」
画像

ケニア       パオパブの木と動物 1990年代
             (バナナの皮 木)             
画像

チェコ        きびがら人形1980年代
画像


セルビア       きびがら人形 2000年代
             (トウモロコシの皮)
画像


ロシア アムール川流域 ナーナイ族の抱き人形 1980年代
                 (布 魚皮)
画像


5号館のランプの家では
どんぐりごま大会 

どんぐりこまを作り
回っている時間を競うそうです
画像

どんぐりにキリで穴をあけ
画像

軸を突き刺して出来上がり
画像

タイムの計測は
画像

座敷に上がって机の上で。
画像

わたしのこまは40秒くらい
じいさんのは20秒

わざわざ 測ってくれたけど
どちらも たいして回りませんでしたわ

後からきた 親子も挑戦してましたが
どうだったんでしょうね

結果はとにかく まったりの時間を
体験さしてくれたのだと思います
画像


6号館の特別展は
「おもちゃの20世紀」
                昭和40年後半 仮面ライダー1号
画像


                昭和50年代 元祖黒ひげ危機一髪
画像


「玩具を通じて 20世紀を振り返ると同時に
 時を超えて子供たちに愛される玩具

 子供の心と身体に栄養を与える玩具について
 考えたいとおもいます

 ハイテク時代といわれる今日
 次代に伝えたい玩具の姿を

 模索する機会になれば 幸いです」、、、とありました
画像

博物館を後にします
スーパーで買った弁当を食べて
画像

13:20 中国自動車道 福崎IC 入る
14:22 吹田IC 出る  高速代2350円

15:00 には 自宅着

      予定より早く切り上げた感あり、、ですが
      5泊6日の旅は 終わりました

 車泊旅 岡山 5泊6日の費用に続きます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

2015 秋の車泊旅 岡山 25 帰りはおもちゃの博物館へ 半径10メートル日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる